スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月1日 ワープロカンブリア紀


「良いパソコン悪いパソコン86年度版」最終回、最後のまな板に上がるのは……




? MSX、8ビット機、16ビット機でおしまいなんじゃないの?32ビットの時代はまだでしょうに。




そうなんだけど、ちょうどこのあたりから「パーソナルワープロ」なるものが出現しまして。そのレビューもこの本でなされています。




ああ、ありましたねえ。でも、ワープロはもうパソコンソフトとして出てるんですよね。パソコン+ワープロソフトでいいのでは。




当時の広告を見てみると、漢字プリンタとワープロソフトのセットは値引きしても五十万前後とか。




う……とても「パーソナル」とは言い難い値段ですね……




なので、専用機として特化することで価格を抑えて、個人でも購入できるくらいにしたワープロが流行っていたのがこの頃。




でも……。今、仕事以外で、個人でワープロ使うって、あんまりないですよね。当時そんなにみんな家庭で文章作ってたの?




その時の自分が感じてた空気は、それまではプロの世界でしかできなかった事、綺麗な活字になって自分の文章が出てくる事、それが新しいし感動的、というもの。




自分もワープロソフトと漢字プリンタを手に入れると、全く必要もなく文章作ってたりした。罫線いっぱい引いて、いっぱい網掛けして。




あははは。




だからみんなそんな感じだったんだと思う。パソコン雑誌のショップ広告でも、かなりの面積を割いてワープロが紹介されてた。



ワープロ広告


じゃあ、この本で一番のオススメワープロは?




59,800円というとんでもない低価格で登場したカシオのHW-100。



1986年度版よいパソコン悪いパソコン カシオHW-100


当時の相場がわからないんですけど、安いの?




廉価機がようやく十万円を切ってきた、ある程度使えるものは二十万~三十万円という状況だったので、いきなりこの値段はかなり衝撃だったようです。機能的にもそれまでの廉価機とほとんど変わらない、いや変わらないどころか、一部勝ってる部分もあったりして。




じゃあ、恒例の酷評機種はなんでしょう。




なんか楽しそうだね……。まずは、ブラザーのピコワード(モデル200)。これは和文タイプライターみたいなもので、一行入力するたびに印字、っていうものらしい。



1986年度版よいパソコン悪いパソコン ピコワード


え~~。




だから文章保存もできない。さらにキータッチは悪いわ印字品質も普通だわ、それでいて88,000円だから、カシオの方が絶対いい、という評価。




まあ、擁護のしようがないですね。





その次くらいなのは、沖電気のレターメイト8。



1986年度版よいパソコン悪いパソコン レターメイト8


沖電気っていったらビジネスマシンの有名どころじゃない。そんなに外すような印象がないんですけど。




文章保存にフロッピーディスクを使うんだけど、そのフロッピーのフォーマットをこの機種だけじゃできない、っていうところ。




???




実は、上位機種にレターメイト85というのがあって、こちらならフォーマットできる。なので、基本的にはこれとセットで使う、というものらしい。




そうでないと、いちいち沖電気のショールームなどでフォーマット済みディスクを買わなきゃならないんだって。




なんですかそれは……




沖電気の想定では、オフィスの個々人にレターメイト8。これで作成した文章を、高機能のレターメイト85で清書する、みたいな感じらしい。




それって、あくまでオフィス内での「パーソナル」ですね。




沖電気らしいといえば沖電気らしいかも。値段も四十万弱だし、個人向けに売るのは無理があるかもね。




MSXの時もそうでしたけど、結局ここでもカシオの価格破壊が起こってるんですね。




とはいえ、ただ単に荒らしてただけというわけでもないと思う。カシオはかなり晩期までワープロを出してたし、どんどん高機能化していくワープロの中で、モノクロ画面の廉価モデルをちゃんと出してたりして。




そういえば、ワープロも最後はいろいろ高機能になってノートPCと値段も違わなくなっていましたよね。




この本の中でも、「ワープロは単に日本語文法解析機能をOSに付加して特化したコンピューターに過ぎないと断言する人もいる。私もこの考えに賛成だし、事実ワープロにスプレッドシート言語を搭載したり、作図機能や画面分割機能を付加していることは、ワープロとパソコンの垣根が次第にぼやけてきている証拠だ。」っていう件があって、ワープロ専用機の未来を暗示してるようだった。




まんが

スポンサーサイト

6月24日 見せかけでない本物の16ビットだけがビジネスを語れます


「良いパソコン悪いパソコン86年度版」第三回、今回は16ビット機編ですね。




う~ん、正直あんまり語るべき事がないな……




え~~




基本的にビジネスユースのみ、っていう機種が多いから。ゲーム・ホビーにも使われた16ビットというと限られるし。




確かに98くらいしか思い浮かびませんね。




信長の野望がFM-16β、日立B16用に出てたみたい。シャノアールのプロフェッショナル麻雀はビジネスマシン向けにも結構対応してたけど、PC-9801とは全く相手にならない。




IBMのJXはホビー向けをねらったマシンみたいですよ。ゲームもこんなに



IBM JX広告


……まあ、サンダーフォース、ロードランナー、倉庫番、フラッピー、ジャン狂……どんなマシンでも出てる定番どころばっかりという気も。




JXは当時結構大がかりな宣伝してたけど、うまくいかなかったね。CPUが8088だったからかもっさりしてたようだし、本体デザインもビジネス過ぎる感じ。




結局、この本でのオススメ16ビットは何でしょう。




FM-16β。次点で日立B16かな。




あれ、PC-9801Mは?





FM-16βってスペック表を見るとかなりのもの。98でいったらこの後のVMくらい?なので、これに焦りを感じたNECが苦し紛れに出した16βの後追い機がPC-9801M、というのがこの本の見解。8ビット機のPC-8801mk2SRと同じで、ソフトウェア資産くらいしか褒めようのない機種という評価。




なんかこの後FM-16βの天下が来そうな。




どうなんだろうね。この当時のビジネス機事情には詳しくないのでわからないんだけど、この後16βはFMRシリーズにバトンタッチ。詳しくないわたしでもFMRの名前はよく聞くので、お仕事マシンとして成功したんじゃないかな。




ただ、98みたいにホビーにもビジネスにも、とはならなかったのは確か。




逆に酷評されてるのは……




PC-9801F2やJXもそうだけど、パソピア16BX・パソピア1600もひどい。



1986年度版よいパソコン悪いパソコン パソピア16BX


あいかわらず辛口な……




「パソピア」の名前を冠しているんだから、いっそのことパソピア7との完全互換とかやっちゃった方が面白かったかも。




CPUからして違うんだから無理でしょう。




中身丸ごと仕込むとか。X1twinみたいな感じ?




まんが


6月17日 8bit第四コーナー


先週に引き続きまして、今回は8ビット機編です。




え~っと、1985年ですか……どんな感じなの?




NECは最後のPC-6000、PC-8000シリーズを出し終えたところで、シャープはX1ターボが登場。富士通はFM77AV登場前でまだまだFM-7が元気、日立が満を持してS1を出したけど……というところかな。それ以外のメーカーはほぼMSXに移っちゃった。




なるほど。これからどんどん機種が絞られていきますから、マイコンブームの面影が残るラインナップとしてはこの辺が最後ってところでしょうか。




まず、この本で高評価を受けているのが、S1とX1ターボ。




あらためて見てみると、X1ターボの高機能っぷりはすごいですね。ほとんど16ビットマシンと言っていいほど。




テキストとして漢字を扱える、400ライン8色なんて、PC-9801だよね。それでいてPC-8801mk2SRと二万円しか違わない。




S1の方も高評価。「このパソコンはいずれ頭角を現してくるのは間違いないから、これからパソコンを始めて長い間使っていこうと思う人や、ハード、ソフトの両方をよく知っている人によいだろう」ですって。




まあ、鍛えられるのは間違いないと思う。自分で作るしかない、という状況で。あと、長くは使えると思う。後継機が出ない、という理由で。




逆にライバルであるPC-8801mk2SRはかなり低めの評価です。「結局、このパソコンをお勧めできるユーザーは、とにかく面倒なことは嫌で、アプリケーションはすべて市販のものを利用したいという人だろう。(中略)どうにも消極的にしか進められないマシンである。」と。





この本の作者は、16ビット機がある以上、8ビット機は何か一つの機能に特化した方がよい、っていう持論があるみたい。前回のMSXでも、評価されたのは低価格に振ったカシオと、音楽特化のヤマハだったし。そういう目で見ると、ソフトウェア資産くらいしか特徴のない8801は味気のないオールラウンドパソコンで、それはもう古い、という事なのだろう。




AV特化で高性能のX1ターボ、マニアにはたまらないS1に比べると、確かにそうかもしれません。




ただ、ソフトウェアがたくさんあるというのは非常に大きな武器。ソフトがたくさんあるからという理由でPCを選ぶのを消極的と言ってしまうのは、当時としてもちょっと乱暴な気もする。




あと、これはわたしがこの日記を書きながら思いついたことなので正しいかどうかは怪しいんだけど、




「FM音源標準搭載」ってのも結構大きかったんじゃないかなと。




FM77は、FM音源標準搭載モデルのFM77L2がこの本の発刊直後くらい?だし、X1は1986年のターボZから?みたいで、音に関してはPC-8801mk2SRが結構先を行っていたんじゃないかと。




わたしだけかもしれないけど、FM音源を初めて聴いたときの衝撃はけっこうなものだったと記憶してます。PSGと全然違う。PC-9801にFM音源ボードを付けたときは、プリセットの音色をいろいろ鳴らして、それだけで楽しかったし。




そう言う見方もありますか。でも、FM音源はSRシリーズすべてに搭載されてますから、PC-8001mk2SRやPC-6001mk2SRのほうが安くていいんじゃない?




う~ん、音だけ必要ならそうかもしれないけど、グラフィックとのかねあいかなあ……。PC-6001mk2SRでは貧弱、PC-8001mk2SRは悪くはないけど、このグラフィック機能はSRからで、過去のソフト資産というと160×100ドットの元祖PC-8001のものがほとんどだし……




なので、「ハード的に見てさして特徴のないマシン」じゃなくて、他のマシンに先駆けて音楽機能の重要さを見いだしたマシンでもあったんじゃないかと。




そう言う見方もできますかねえ。あ、1985年なのにまだこのマシンが……



1986年度版よいパソコン悪いパソコン MULTI8


ひどい言われよう……




後継機が出ないんでカタログには残ってるって状況だし。パソピア7、MZ-2200もそうだね……




あおいちゃん


6月10日 良いパソコン悪いパソコン普通のパソコン


懐かしい本を持ってきたよ。



1986年度版よいパソコン悪いパソコン表紙


パソコン選びの本?




うん。今だと、MacだろうがWindowsだろうが値段とデザインで選んで何の問題もないよ、ってな感じだけど、この頃は今で言う機種毎にOSが違う状態だったので、ハズレマシンを掴んでしまうとソフトがなくて使いようがなくなってしまうんだよね。




プログラミングできる人はまだいいですけど、あくまで道具としてパソコンを使いたい人には、はずれを引いちゃうと確かにどうしようもないですよね。




というわけでこういう本が出てきたというわけです。




読んでみると結構辛口ですね。




それがこの本の売りにもなっているようです。




1986年度版となっていますが、発行されたのは1985年の夏。NECはSRシリーズが出そろって、9801はまだMくらい。シャープはX1ターボ、富士通はFM77かな。MSX2が出始めくらいの時代です。




じゃあ、今回はMSX部門を見てみましょう……って、辛辣な言葉が並んでますねえ……


  • CF-3300(松下) 超デラックスMSXは誰のため?
  • V-20(キヤノン) 何もないのになぜ高い?
  • HX-23F(東芝) とりあえず出てきたMSX2マシン
  • MB-H2(日立) 金持ちのおぼっちゃまにピッタリ
  • ML-F120D[レタス](三菱) 鮮度の低いレタスはまずい




1986年度版よいパソコン悪いパソコン中身


そこまで言わんでも、という気もするけど、確かにこの頃のMSXは粗製濫造気味だった。




バラバラだった規格を統一という理想の元に集まった各社でしたけど、蓋を開けてみたらその統一規格が足を引っぱってた、って感じでしたね。




そんなMSXの中で評価が高かったのが、とにかく低価格(29,800円)にしたカシオのPV-16と、音楽に特化してたヤマハのマシン。




どうせMSXはおもちゃなんだから、徹底的に安くするのはアリ、というのがカシオPV-16の評価。ヤマハは得意の音楽で他社との差別化を図っているというのが高評価のポイント。




でも、ヤマハのはMSX規格にない独自のインターフェースを使用して……って書いてますよ。これって規格破り?




どうなのかね。調べてみると、のちに他のMSXでも使えるようになるみたいだけど、差別化しようとするとどうしてもこういう方法を使わざるを得ないのかな。




MSXに関しては、全体的に否定的な立場を取っているこの本ですが、これから出るMSX2に少しは期待、という締めくくりをしていました。




そのMSX2も結果的にはソニーと松下くらいしか残りませんでしたね。統一規格の元で各社のマシンが百花繚乱、というのが理想だったんでしょうけど……




どうしてもそうなってしまうのかな。今のパソコンの状況と似てるけど……




あおいちゃん

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
twitterでひとこと
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。