スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月31日 サウンド・オブ・MZ-MUSIC


先週話題にした、ベーマガからの移植ゲームが完成したよ。マイコンBASICマガジン1983年10月号掲載、MZ-80K/C/E/1200/700用「CHERRY ALIEN」をMSXに移植してみました。



MSX版CHERRY ALIEN


興味のある方はこちらからどうぞ。オリジナルはこれです。



マイコンBASICマガジン1983年10月号 CHERRY ALIEN


実機でも確認してみた。当たり前かも知れないけど、エミュレーターと変わらぬ動きで、エミュすごい!と思ったよ。



実機確認


なんでこの作品に?




見た感じ面白そうかな~と。こんな感じのゲーム、ベーマガに多かったよね。




エイリアンを倒すのに、つぶす、そばに行って消去と二手間かかるのはマリオブラザーズっぽいですね。あと、ドアがあるところがドアドアっぽい?




なかなか面白かったよ。難易度は自分に合わせて甘口にしてみました。9999点のスコアカンストも簡単だと思うので、プレイする人は頑張ってみて下さい。




そもそも遊んでくれる人も居ないでしょうが。ところで、スタート時やクリアした時の音楽がどっかで聞いたことのあるものなんですが……1983年には存在しなかった曲で。




すいません、パクりました。




さくらんぼといえば、ってな曲ですねえ。プレイしてくれる人もほとんどないだろうし文句を付けられることもないと思いますが。オリジナルではどうなってたの?




それが、S-BASICのMUSIC文の詳細がよくわからなくて。音の長さの指定なんだけど、1が全音符と書いている所と、9が全音符というところ、二つがあって、どっちが正しいか判断できなかった。




あと、なにかマシン語を呼び出している USR(68) USR(71) というのもあった。調べてみたらこちらは資料があって、USR(68)の方は音を出して、USR(71)はそれを止める、っていうROM内ルーチンみたい。




Enri's Home Pageさんとこの資料ですね。




ここは本当にいつもお世話になってます。おかげでUSR(68)は何をやっているか分かったんだけど、やっぱりどんな音が鳴っているかは再現できないと思ったので、音楽全般の移植はあきらめることに。




まあ、例え判明しても、音関連は実機で確認してみないとわからない部分が多いので最初からあきらめた方がいい気もしますが。でも、もっと探せばMUSIC文の使い方なんてあるんじゃないの。MZ-80K系なんてメジャーな機種なんだから。




探し方が悪いせいか、見つけられなかったよ。案外無いものだなあ、と思った。




「MZユーザーなら知ってて当たり前」みたいな事で、わざわざネットに資料を残す人がいないのかも。




そうかもね。でも、必要なことなんじゃないかなあ、と思ったりした。




そもそも今時、実機も持ってないBASICのプログラムを移植しよう、そのためには資料がいる、なんて欲求を持ってる人、いないでしょう。需要がないから供給もない、ということでは。




そういわれると返す言葉もない。




隗より始めよ、まずはN88-BASICの詳しい資料を「なつぱそ日曜深夜」に上げてみては?




え~、N88-BASICなんてみんな知ってるでしょ。情報だってたくさん上がってるんじゃない?それに、自分より詳しい人はたくさんいるだろうし……




ほらほら、そういう考え方がだめなんじゃないの。




う~ん……




描き直し……

スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
twitterでひとこと
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。