スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月24日 見せかけでない本物の16ビットだけがビジネスを語れます


「良いパソコン悪いパソコン86年度版」第三回、今回は16ビット機編ですね。




う~ん、正直あんまり語るべき事がないな……




え~~




基本的にビジネスユースのみ、っていう機種が多いから。ゲーム・ホビーにも使われた16ビットというと限られるし。




確かに98くらいしか思い浮かびませんね。




信長の野望がFM-16β、日立B16用に出てたみたい。シャノアールのプロフェッショナル麻雀はビジネスマシン向けにも結構対応してたけど、PC-9801とは全く相手にならない。




IBMのJXはホビー向けをねらったマシンみたいですよ。ゲームもこんなに



IBM JX広告


……まあ、サンダーフォース、ロードランナー、倉庫番、フラッピー、ジャン狂……どんなマシンでも出てる定番どころばっかりという気も。




JXは当時結構大がかりな宣伝してたけど、うまくいかなかったね。CPUが8088だったからかもっさりしてたようだし、本体デザインもビジネス過ぎる感じ。




結局、この本でのオススメ16ビットは何でしょう。




FM-16β。次点で日立B16かな。




あれ、PC-9801Mは?





FM-16βってスペック表を見るとかなりのもの。98でいったらこの後のVMくらい?なので、これに焦りを感じたNECが苦し紛れに出した16βの後追い機がPC-9801M、というのがこの本の見解。8ビット機のPC-8801mk2SRと同じで、ソフトウェア資産くらいしか褒めようのない機種という評価。




なんかこの後FM-16βの天下が来そうな。




どうなんだろうね。この当時のビジネス機事情には詳しくないのでわからないんだけど、この後16βはFMRシリーズにバトンタッチ。詳しくないわたしでもFMRの名前はよく聞くので、お仕事マシンとして成功したんじゃないかな。




ただ、98みたいにホビーにもビジネスにも、とはならなかったのは確か。




逆に酷評されてるのは……




PC-9801F2やJXもそうだけど、パソピア16BX・パソピア1600もひどい。



1986年度版よいパソコン悪いパソコン パソピア16BX


あいかわらず辛口な……




「パソピア」の名前を冠しているんだから、いっそのことパソピア7との完全互換とかやっちゃった方が面白かったかも。




CPUからして違うんだから無理でしょう。




中身丸ごと仕込むとか。X1twinみたいな感じ?




まんが


スポンサーサイト
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitterでひとこと
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。