スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月12日 未だ見ぬ窓への憧憬


ということで、先週入手したマイコンBASICマガジン1983年4月号に掲載されていたプログラムをふたつほど入力してみました。




さっそく活用してますね。PC-9801用?




ベーマガも後期になってくると、PC-9801用とはいってもMS-DOS版N88-BASICが主流になってしまったと記憶してるんだけど、この号はまだ全部普通のN88-BASIC。MS-DOS版は持ってないのでひと安心だった。




そもそも、N88-BASICのシステムディスクが付属しなくなりますからねえ。最後にはROM-BASICすら……




まずは、KATHUKOUさん作、「SLIME OF SLIMES」です。



マイコンBASICマガジン1983年4月号 SLIME OF SLIMES(01)


キャラが可愛いですね。だるまさんがころんだゲーム?




水色のスライムが自分です。キャラクタを移動させるには、画面右上に表示されたアルファベットを入力しなければならず、手元を見ながらの入力では他のスライムに負けてしまいます。ということで、タッチタイプ練習ソフトになっています。




なるほど、だるまさんがころんだゲームはだいぶ前のPB-100用にもありましたけど、こういった形にしているのは面白いですね。




で、クリアするとちゃんと表彰式があり、優勝杯がもらえます。



マイコンBASICマガジン1983年4月号 SLIME OF SLIMES(02)


キャラクタはすべてLINEとかCIRCLEで作ってますけどかわいらしいですねえ。




次のソフトは SAITO SOFT さん作「INNER BLOCK」。ランダムに現れるテトロミノを使って、矩形を作るのが目的。完成するとその矩形が消えて得点になります。枠内にテトロミノを置けなくなったらおしまい。



マイコンBASICマガジン1983年4月号 INNER BLOCK


あ、なんか結構はまりますね!ついつい何回もプレイしちゃった。




枠が狭いのでランダム要素も絡むんだけど、面白いね。テトリスみたいに必ずきっちり詰めなくても、中に空間が空いてもいいから矩形を作るというのがミソのような。




画面がウィンドウズっぽいですけど、実際に中央のゲーム部分が任意の場所に動かせるんですね。




あんまり意味はないけど、このころはウィンドウズへの憧れがあったのは分かる気がする。というか、自分もやってた。



ニセWindows(01)


昔作ったデジタルノベルみたいなソフトですか。こっちはただ起動画面がウィンドウズ風、ってだけでしょ。動かせないし。




一応壁紙が変えられるんだぞ!ほらほら!



ニセWindows(02)


……まあ、憧れがあったのはわかりました。




あおいちゃん下描き

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitterでひとこと
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。