スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月13日 マンとマシンがひとつになって


先週の日記にコメントをいただきまして、その中でマシン語のお話が出てきました。で、懐かしくなって、今週はちょっとそんなお話してみようかなあと。




でも、あんまり詳しくないんでしょ?




まあそうなんだけど。PC-9801で8086をちょっとかじった程度です。で、今でも残しているこんな入門書を使ってました。



PC9801マシン語入門本


右のナツメ社のやつは、同じデザインでいろんなのが出てましたよね。




なんか安心のブランド、という感じが当時はしたけど、内容的には左のシステムソフト著の方がいい感じだった。




先週はMASMが買えなくて残念だった、ってお話してましたけど、どうやってマシン語プログラミングしてたんですか?




PC-9801の場合、DISKBASICを使うと、マシン語モニタでAコマンドが使えるようになるんです、アセンブルコマンド。



モニタAコマンド画面


こういうふうに、ニーモニック等を書いていくとその都度アセンブルしてくれます。




リストは前述のナツメ社本にあったもので、実行するとこんな感じに。



実行画面



標準でアセンブラが付いてくるんですね。




とはいえ、ラベルが使えないので、ジャンプのアドレスが今入力している場所より先だと面倒なんだよね。とりあえず適当なアドレスを入れておいて、すべて入力が終わってアドレスが確定したら、その部分だけを書き換える、とかしないと。




スクリーンエディットもできないし、ハンドアセンブルよりは……っていう感じですか。




その後、雑誌I/Oに掲載された「edas86」というアセンブラを使うようになりました。ラベルも使えるしスクリーンエディットも出来るしで、かなり重宝しましたよ。



edas86 編集画面


これが上のコードの実行画面。文字の扱いとかも楽だねえ。



edas86 実行画面


開発環境はよくなっても、作るプログラムはちっちゃいものばっかりだったんですよね。




……さすがに全部マシン語で、なんて無理だったよ。スクロールシューティングとかオールマシン語で作れる人はホントにすごい。尊敬しちゃう。ってか、そうなりたかったな~。





ゆかりちゃん

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こちらへのコメントで良いのでしょうか?
(まぁマシン語の話題と言う事でご容赦下さい)

>もう16進数の羅列を見てもある程度コードがわかるとか……

うーん。すっかり忘れてしまいました。
当時は簡単なものならば、ハンドアセンブルすらせずに直接16進で入力できたりしましたけどね。
今となってはニーモニックも忘れてしまっています。
3EがLD A,xx 、C2がJP xxxx 、RETがC9 位しか覚えていません。(だったかな?)
ハンドアセンブルしていたのはZ80(X1)で、6809(FM77AV)ではアセンブラを買いましたので16進を見てもサッパリです。

98のDISKBASICのマシン語モニタって優秀だったのですね。
確かにハンドアセンブルに比べれば良いかもしれませんね。

>全部マシン語で
確かにシューティング作りました。・・・多分暇人だったのでしょう。
ホントはタイトルだとかスピードを要求しない箇所はお手軽にBASICにしたかったところなのですが、BASICエリアが大きすぎて(本体のメモリが小さすぎ・・と言った方が適切でしょうか?)仕方なくオールマシン語だったのです。
メモリが沢山ある16ビット機が羨ましかったです。

さて、ちょっと別件ですが・・・
X1の実機を(まだ)所有している友人がいたので、ソフトを譲ってもらい昨日(めでたく?)X1エミュレータが動作しました。

http://85data-blog.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/x1-8dd5.html

マシン語はおろか、Hu-BASICのコマンドも忘れてしまっています。
せめてキャラクタジェネレータを定義する命令だけでも思い出したいです。とりあえず試行錯誤してみようかと思っています。(たしかDEFCHR$だったような気がしていますが・・・)

トモカズさん江

>確かにシューティング作りました。・・・多分暇人だったのでしょう。

いやいや、時間があるだけでは作れないかと……
挫折した人間に言わせてもらうと(^^;


>仕方なくオールマシン語だったのです。

当時はそういう理由もありましたね。98でもそのうち128KBでは足りなくて
やっぱりオールマシン語、とかありましたし……


>(めでたく?)X1エミュレータが動作しました。

X1版ゼビウスは憧れましたね~
今見てもいい出来だと思います。


>(たしかDEFCHR$だったような気がしていますが・・・)

わたしもよく知りませんが、ベーマガを見てみるとそんな感じでしたよ。
DEFCHR$(キャラクタコード)=HEXCHR$("16進データ")
っていう記述がリストにありました。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitterでひとこと
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。