スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月20日 ぴゅう太再発見


マイコンBASICマガジン1983年9月号掲載、さやまたつおさん作「ヤキュウケン(ぴゅう太)」を移植してみました。Flashです。興味のある方はこちらからどうぞ。



ヤキュウケン


また誰得なものを……




当時は画面写真を見てやりたくてしようがなかったんだよ。わかって。




ぴゅう太のゲーム画面はかなりにぎやかな物が多かったですよね。




ベーマガ初期の頃は、MZ-80Kとかベーシックマスターとか、文字しか表示できない、しかもモノクロ、というマイコンが多かったけど、ぴゅう太は別格のゲーム画面だったねえ。




"16BIT GRAPHIC COMPUTER"の肩書きは伊達じゃない、というところですか。




でも、実はプログラム中からグラフィックを描くことができないそうです。ぴゅう太。




えっ、PSETとかLINEコマンドがないの?どうやって絵を描くの?




お絵かきエディタが標準で搭載されていて、そっちで画面に描いた絵をプログラムが使う、という感じらしいです。




なるほど。でも、雑誌に掲載する場合、それだと描いた絵の情報をドット単位で紙面に載せないと、オリジナルと同じ物ができないのでは?ぴゅう太はMSXと同じVDPで256×192ドットありますから、かなり大変なような。




そう。今回のヤキュウケンも、紙面ではこれぐらいしか絵に関する情報がなくて。



マイコンBASICマガジン1983年9月号 ヤキュウケン


いきなり裸の絵が……




セーラ服姿は画面写真と表紙の小さなカラー写真があるからまだいいけど、下着姿がないんだよ。もしかしたら顔に似合わず派手な下着だったかも知れない。




オリジナルを知っているのは作者とベーマガ編集部のみ、ってことですか。




ヤキュウケンは、女の子の絵がちゃんとドットを意識して掲載されているのでまだ再現しやすいんだけど、わりと適当な感じのものも。こちらは1983年10月号の、同じくぴゅう太の大和危機一髪というゲーム。



マイコンBASICマガジン1983年9月号 大和危機一髪


確かに……




このゲームではただの背景なのでなんでもいいんですけどね、アンドロメダでも三段空母でも。とにかく、紙面に掲載するプログラム、という点で、ぴゅう太はあまり向いていなかった、ということで。




あれ?画面に描いておいた絵を使う、って言ってましたけど、ヤキュウケンは全部着た絵からヌードまで5段階の絵がありますけど、これも最初から画面にないといけないのでは?これじゃ最初から絵が全部見えてて興ざめになってしまうのでは。




うん。なのでこのプログラムでは工夫がしてあって、画面にあるランダム模様みたいなのがそれなんです。




?




ぴゅう太の画面は8×8ドットをひとつの単位として管理されていて、これを「セル」というそうです。




で、ぴゅう太のBASICはグラフィックは描けませんが、このセルをコピーする事はできるのです。




あ、わかりました!そのセルの並び方を変えてわきの方に表示させてるんですね。




そう、ちょうどデータ置き場みたいになってて、ここから正しい並びで女の子の所にコピーする事で表示を行っているんです。なので、ここに格納する為のプログラムもあって、女の子を描いたらそのプログラムで並び替えた絵を作って……っていう作業を繰り返す必要があります。




なかなか手間がかかりますね。




ただ、手軽にグラフィックを扱える、っていう点ではかなりいいんじゃないかと思った。




MSXはぴゅう太より一年半後に出た、同じVDPを使ったマシンだけど、標準でお絵かきソフトやパターンエディタが付いているわけではなかったので、




それこそPSETとかLINEでお絵かきしないといけないわけで、グラフィカルなゲームを作るのは難しかったと思う。




確かに買ってすぐお絵かきできて、それを背景にしてゲームが作れる、っていうのは、初心者にとってやさしいですよね。




初心者向けというと日本語BASICもそうで、今では黒歴史や笑いのネタにされてるけど、なんのプログラムの知識が無くてもリストをぱっと見である程度理解できる、っていう点で、ぴゅう太のコンセプトとぴったり合っている物だと思う。




「10 モシ A=1 ナラバ 100 ニイケ」とかはまあそうですね。




なんか最近、メソッドの名前とかやたら長いのが多いと思うんだけど、ぴゅう太の日本語BASICの精神を今こそ思い出すべきだと思う。




VB.NETのサンプルを拾ってみたけど、System.Globalization.CompareOptions.IgnoreCase とか長すぎる。向こうの人にとってはわかりやすいんだろうけど、日本語化してくれ。




VP.NET(Visual Pyuta.NET)とか?




ゆかりちゃん

コメントの投稿

非公開コメント

べーマガ記事

このPG全部知ってる(汗)

銀牙さん江

>このPG全部知ってる(汗)

よほど印象深かったんでしょうか。
まあわたしもそうなんですが(^^;

No title

私もこれやりたくて仕方がなかったんで、夢が叶いました。
ありがとうございます!

通りすがりさん江

> 私もこれやりたくて仕方がなかったんで、夢が叶いました。
> ありがとうございます!

わたしも昔すごくやりたかったです(笑
実物は見たことないので雰囲気移植ですが
喜んでもらえてなによりです。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
twitterでひとこと
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。