スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月17日 株式会社ムーミン






おお!と思ったけど、中身は今のPCなのね。




でも、エミュレーター標準搭載搭載でBASICとかもできるみたいですから、復活と言ってもいいのでは?




Commodore OSってどんなものなんだろ?中身をWindowsに入れ替えることは出来るんだろうか。




できるんじゃない?ってか、エミュを走らせるのにこのスペックは明らかにオーバーでしょ。




写真を見ると、キーボードの形が微妙に違うね。今の物も十分レトロっぽいけど、ちょい踏み込みが足らない気がする。下の絵は当時の広告から。



コモドール64



さすがにそこまで再現したら打ちにくくなるんじゃない?




いや、あの指に吸い付くようなキートップの曲面が……




はいはい。でも、日本ではあまりぱっとしませんでしたね、コモドール64。




個人的には同じコモドール社ならVIC-1001の方かな。思い出に残ってるのは。




ベーマガ初期の頃からリストが載ってましたもんね。




リストに反転文字が並んでて、なんだこれ?と思ったよ当時。




PRINT "反転文字のハートマーク" でCLS(画面クリア)になるんですって。




へ~。CLSとかLOCATE命令が無くて、PRINT文中で制御文字を使うっていうパソコンは他にもあったけど、クリアなら反転文字のC、カーソル移動なら反転文字の→とかもうちょっと分かりやすかったと思うけど……なんでかな?




後継機のコモドール64はスプライトも使えて、良さそうな感じでしたけど……




やっぱり値段かなあ。99,800円はちょっと……




この頃の舶来品は高かったですからね。




スプライトマシンなら、RAMが少ないけどソードM5の方がその半額だし、もう少しするとMSXも出てくるし、なかなか選択肢には入ってこなかったと思う。あと値段的にはPC-6001mkIIも強力なライバルかと。




日本でもこういった形で昔のマイコンが復活してくれればいいんですけどね。




MSXがうまくいかなかったしねえ……う~ん。ガワだけでも販売して欲しいなあ。




まんが……

コメントの投稿

非公開コメント

No title

FM8のコメント返信ありがとうございました。

Commodore64ですが、Wikipediaなどでも記載されている通り、海外ではベラボウに売れてました。
日本人からすると、何だかアメリカはApple][一色みたいな印象でしたが、
当地のショップでは、どこもビジネスはIBMコンパチ、ゲームはC64が主流だったそうです。

C64は、メインメモリ64KBにスプライト機能とPCG、PSG3重和音の音楽機能を備え、
北米では一台290㌦前後で売られており(今だと日本円で2万3000円くらいですね^^)、
Appleの教育用ソフトや、定番の人気ゲーム(UltimaとかLodeRunnerとか)は大体移植されてますし、
バンゲリングベイやミシシッピー殺人事件、果てはシムシティやスト2まで存在します。
すげえ遅いけどFDDなんかの安価なオプションも豊富で、
千㌦を超えるAppleを買えないティーネイジャーにかなり人気だったとか。

日本では価格帯からNECのPC-6001と真っ向からぶつかり、あえなく駆逐されてしまいましたが、
今でも洋ゲーファンは多いですし、売り方ひとつで結構違ったような気もしますね。

Re: No title

> Commodore64ですが、Wikipediaなどでも記載されている通り、海外ではベラボウに売れてました。
> 日本人からすると、何だかアメリカはApple][一色みたいな印象でしたが、
> 当地のショップでは、どこもビジネスはIBMコンパチ、ゲームはC64が主流だったそうです。

今改めてスペックを見ると、かなり魅力的ですよね。
MSXがなかったら、6001シリーズと廉価帯を分け合ってたかも……

海外は割とレトロPCの情報が多かったり、こういった復刻もあったりして
うらやましい限りです。
日本でもこういう動きがあるといいんですけど。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitterでひとこと
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。