スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月5日 Mr.サマータイム


ベーマガのゲームで遊んでみよう企画、今回は1983年10月号掲載、森巧尚さん作「ACROMASTER(PC-8001)」です。



マイコンBASICマガジン1983年10月号掲載 ACROMASTER その1


何か久しぶりですね。




舞台はサーカス。あなたはトランポリンプレイヤーです。空中ブランコ、飛行機アクロスターへの飛び乗り、この二つを成功させるのが目的です。




画面下はすべてトランポリンになっているので、プレイヤーは常に飛び跳ねている状態です。空中でも左右に軌道修正できる、スーパーマリオ方式の操作になっています。




まずは空中ブランコ。つり下がっている五つの空中ブランコに乗れればクリアとなります。



マイコンBASICマガジン1983年10月号掲載 ACROMASTER その2


ああっ、真ん中にある障害物に邪魔されて、すぐ画鋲にあたっちゃう……




あれはステッパーといって、ちょうどブロック崩しのブロックのようなもの。地面近くにいると上をふさがれてやっかいですが、上空にいると足場として活用できて便利です。なお、着地するとその場所に画鋲が現れて、次回踏むとミスになります。




この面では、ステッパーを足場として利用し、出来るだけ下に落ちずに画面上方に居続けるのがコツです。




空中ブランコをクリアすると、次はいよいよ飛行機アクロスターへの飛び乗りです。画面右から現れるアクロスターへタイミング良く飛び乗りましょう。



マイコンBASICマガジン1983年10月号掲載 ACROMASTER その3


この面では着地しても画鋲は出ないし、アクロスターは繰り返しやってきますから、じっくりタイミングを見計らいましょう。




なかなか乗れない……




ピンポイントで操縦席に乗らないといけません。それ以外では接触ミスになります。




成功するとボーナスポイント。再び空中ブランコの面へ戻ります。



マイコンBASICマガジン1983年10月号掲載 ACROMASTER その3


最初は、すぐに画鋲を踏んでしまって高難度な感じがしますけど、慣れてくるとそこまででもないですね。




連続して空中ブランコに乗れたり、アクロスターへぴたっと乗れると気持ちいいよね。まさにサーカスの感じが出てる。




さすが森さんといったところでしょうか。




これまでもいくつか森さんの作品を紹介してきましたが、きちんと遊べる、ハイスコアを狙ってみたくなる、という所が素晴らしいと思います。ベーマガ掲載ゲームは数回遊んだらもういいや、っていうのが割とあったりするからね。




で、スコアはいくつだったの?森さんは一万二千点という事ですが……




え~っと……五千点ちょっと……





まんが……

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
twitterでひとこと
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。