スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月24日 トリフィドの日


おなじみ「ベーマガのゲームで遊んでみよう」企画、今回は1983年10月号掲載、河本正秀さん作「TRIFID ATTACK(PC-8001)」です。



マイコンBASICマガジン1983年10月号掲載[TRIFID ATTACK]_01


ええっと、人間を襲う植物トリフィドを撃退するゲームですか。




武器はトリフィド・ガン。これはちょうどブーメランのように自分の所まで戻って来る弾で、敵を貫通できます。




キーを押している間は直進し、離すと画面下方へ直角に数キャラクターぶん下がり、戻ってきます。




残弾は五発。戻ってきた弾を拾えば残弾が減ることはありませんが、障害物である”日”に当たると消えてしまいます。



マイコンBASICマガジン1983年10月号掲載[TRIFID ATTACK]_02


トリフィドは触手が伸びる範囲まで迫ってくると攻撃してきます。これに当たるか、自分の陣地まで侵入されてしまうか、残弾がなくなるとゲームオーバーになります。



マイコンBASICマガジン1983年10月号掲載[TRIFID ATTACK]_03


おおまかな感じ、横型インベーダーってところでしょうか。




このゲームのミソは、ブーメランのように戻って来る自弾だね。コントロールできるんだけど、キーを離した後どのくらい垂直方向に移動するかはランダムなので、完全に制御下には置けないんだよ。




ということは、いくら狙っても障害物に当たって弾を失ってしまうかも知れない、ということですか。




うん。なので、状況を見て余裕を持ってコントロールする必要があります。また、トリフィドは動く際に障害物を消去するので、わざと放置して障害物を掃除させると楽になります。こんな感じに。



マイコンBASICマガジン1983年10月号掲載[TRIFID ATTACK]_04


これは楽そう。




でも、この時はかなりラッキーパターンだった。障害物の初期配置によっては絶望的な戦いを強いられる事があります。




わたしもプレイしてみましたが、なかなか面白いですよ。




タイトル画面のにぎやかさに惹かれて打ち込んでみたけど、リストも短いしどうかな~とあまり期待してなかった。でもかなり遊べるね。




弾が貫通するので、うまくすると連続で倒せたりして爽快感もありますし。




リストが短くて面白いという、ベーマガのお手本といっていいゲームだと思います。





みおん様

コメントの投稿

非公開コメント

これは!

私も影響を受けました!
タイトルが当時のゲームって感じでとってもいい!

Re: これは!

> 私も影響を受けました!
> タイトルが当時のゲームって感じでとってもいい!

昔のゲームはこんな感じのスタート画面が多かったですよね。
登場キャラクター総出演みたいな。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitterでひとこと
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。