スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月31日 RIDE DRIFTICE


SF作家の小松左京さんが亡くなったそうで。




作品自体は読んだことがないんだけど、なつぱそ者としては、結構目にする機会が多かった作家さんだったような。




昔のパソコン雑誌を読んでると割と目にしますよね。




例えばこれ。パソコンショップのアドバイザーになってたらしいけど、具体的に何をしてたんだろう。



マイコンショップJ&P広告


万博もそうですが、プロデューサー的なことを結構してたみたいですから、そんな感じなんですかね。一応当時はパソコンというと未来、未来というとSF、ってな流れだったんでしょうか。




あとはtwitterなどでも結構話題になってたけど、「コロニーオデッセイ」とか。



コロニーオデッセイ タイトル


へえ、PC-6601に同梱のアドベンチャーソフトなんですね。当時としてはかなりの大作だったんですか。その監修を担当したんですね。



コロニーオデッセイ 序文


「コロニーオデッセイ」は「みんながコレで燃えた!PC-8001・PC-6001」に収録されてるんだけど、まだプレイしてなかったのを思い出して、これを機に前半だけやってみた。



コロニーオデッセイ ゲーム画面


昔懐かしいコマンド入力型のアドベンチャーですか。




使う動詞・名詞の一覧がマニュアルに書いてあるのでかなり親切。とはいえ、やっぱり忍耐力を強いられるよ……



コロニーオデッセイ 辞書


全部載ってるなら総当たりでやればいつか当たるでしょ。デゼニランドの悲劇は避けられるのでは。




いや、必要なアイテムを持ってなくてもシーンが進行、そして後戻りできない状況もあったりして、かなり厳しい。一発死にも多いし。




昔はだいたいそうだったんじゃないの。




実は、当時のアドベンチャーゲームってほとんどやったことが無くて。デゼニランドもサラダの国のトマト姫も。




え~~




そもそも当時そんなにぽんぽんソフトは買えなかったし、買うにしても一度終わらせてしまうと二度とやらないだろうアドベンチャーゲームは購入しようとは思わなかったんだよ。




なるほどね。




例えば、頻繁に使うことになるワープ装置。普通に考えると [ USE MACHINE ] なのかと思うけど、[ SET (行き先)] して [ PULL BUTTON ] しないといけないのよ。




ワープ装置を見ても、引っぱるボタンが印象的に描かれているわけでもなく、事前にどこかで装置の使い方を知るイベントがあるわけでもなし。先ほどの [ USE MACHINE ] をしてもコマンドを受け付けないだけでメッセージもなし。




じゃあ、どうやって使い方がわかったの?




[ GO (行き先) ] とすると、「まず行き先をセットして」とメッセージが出るのでようやくSETを使うんだとわかる。でも、セットしてUSEしてもまたメッセージも無く受け付けない。




試行錯誤してるうち、装置だからボタンがあるだろう、じゃあ [ PUSH BUTTON ] してみるといいんじゃないかと実行すると、ようやくまたメッセージが出る。それが「押してダメなら引いてみな」




あははは。




笑いごっちゃない。もちろん正解を見つけると快感はあるんだけど、万事がこの調子なのでイライラしてしまって。




わたしも少しプレイしてみましたが、コマンド入力しても無効なものはエラーを返すだけなので確かにヒントに乏しいですよね。これが使用単語まで隠されてたら……と思うと確かにぞっとします。




やることは分かってるのに……っていうのが、ね。




ストーリーは「冒険編」「対決編」に別れてて、冒険編はなんとか終了したけど、それも本に載ってたヒントを見たからなんとかなったという状況。本には後半ぶんのヒントは載ってないので、今からやっても年内に終わらせる自信がない。




「アドベンチャーゲームは終わらせたら二度と遊ばないから買わない」とか当時思ってたそうですけど、一本終わらすのに一年かかるなら、コストパフォーマンスがいいんじゃない?




POLISHとかATTACHとか分からずに数ヶ月悶々とするのはヤダ。






みおん様

コメントの投稿

非公開コメント

ポートピア連続殺人事件に代表される

ポートピア連続殺人事件に代表される、あらかじめコマンドが表示されるタイプのアドベンチャーが登場した時に、「これじゃあ取れる行動が抑制されてしまってつまらん」と思った。

でも、このシステムのおかげで十字ボタンと決定ボタンとキャンセルボタンしか持っていないゲームマシンで、アドベンチャーソフトが開発可能である事が証明された。
これはエポックメイキングではなかろうか・・・と。

私はオーバーキルタイプのアドベンチャーでもスターライトアドベンチャーだけは好きです。
軽いノリで出来ますから。

あと、小松左京氏のアドベンチャーは、青い宇宙の冒険が有名でしたね。

Re: ポートピア連続殺人事件に代表される

> これはエポックメイキングではなかろうか・・・と。

コマンド入力式は言葉探しになっちゃうところがあるので、
本筋の謎解きに集中できる選択式はやっぱり快適ですよね。

ただ、今の技術なら自然な日本語でゲームを進められそうな……
それなら逆に新鮮で面白そう。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
twitterでひとこと
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。