スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月11日 N88-BASIC(86)開発環境2011


おお、PC-9801エミュレーターにテキストファイルを流し込めたぞ!



PC-9801 ファイルコンバート


……で?




いや、いままでこのやり方を知らなくて難儀してたんだよ。




普通にできそうな感じもしますが。




そうでもないんだよね。例えば、先週までやってたPC-6001でのお絵かき。あれはWindows上でプログラムリストを打って、txt2basっていうソフトを使い、エミュレーター上でCLOADを使って読み込めるファイルに変換して作ってた。便利なツールがあったんだよ。ひらがなやグラフ記号も代替文字を使って入力できるすぐれもの。




エミュレーター本体にも同等の機能があって、プログラムリストの入力が非常に楽になってます。




なるほど。エミュレーター上での入力はさすがに不便ですからね。




PC-8001エミュレーターの j80 にも同等の入力代行機能があります。



PC-8001エミュレーター j80


blue MSX では、フォルダをフロッピーディスクと見なしてくれる機能があって、簡単にファイルを渡せます。



blue MSX


98エミュは T98-NEXT を使っているようですが、これには入力代行みたいな機能はないの?




うん。なので、使い慣れたN88-BASICなんだけど、エミュレーターから外に出す、あるいは中に入れる方法がわからなくて、BASICプログラムで遊ぶときは j80 とか blue MSX の方を多用してた。




今回判明した方法はどんな方法なのでしょう。




まず、DiskExplorer という便利ソフトがあって、これは、エミュレーターで使うディスクイメージをWindows上から操作できるという夢のソフト。



Disk Explorer


ドラッグ&ドロップで簡単にディスクイメージへファイルを追加できます。




こんな便利なソフトが。




しかしまだこれではMS-DOSファイルなので、DOSに付属の FILECONV.EXE というソフトでN88フォーマットのファイルに変換してやります。すると冒頭のようにN88-DISKBASIC上で読めるリストになるのです。もちろん逆も可能。




なるほどね。でも、標準でついててもよさそうな機能じゃない?Windowsとのファイルのやりとりや入力代行は。




う~ん。PC-9801エミュに求められているのが、市販ゲームソフトが動くこと、だからかな……。




確かに今更N88-BASICで遊ぼうなんて奇特な人は少ないでしょうね。





ユナ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

現在、レトロパソコンを使用してBASICを入力(や編集)をするのは結構しんどいですよね。
昔はそれが当たり前だったのに、やはり便利な事を知ると元に戻れませんね。

この数週間は、特にその事を実感しました。
(あやおりさんのブログに思いっきり影響されてしまいました・・・)

現在、私が使用しているのはFM-7のエミュレータなのですが、テキストファイルからディスクイメージへのインポート機能はそれ自体には無くのです。
別ソフトで対応をしていますが、エミュレータ本体にその機能があると便利ですね。

追記
タイリングペイント機能実装テストをしてみました。
かなり強引な手法ですが・・・
http://85data-blog.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-cd44.html
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitterでひとこと
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。