スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月17日 8bit第四コーナー


先週に引き続きまして、今回は8ビット機編です。




え~っと、1985年ですか……どんな感じなの?




NECは最後のPC-6000、PC-8000シリーズを出し終えたところで、シャープはX1ターボが登場。富士通はFM77AV登場前でまだまだFM-7が元気、日立が満を持してS1を出したけど……というところかな。それ以外のメーカーはほぼMSXに移っちゃった。




なるほど。これからどんどん機種が絞られていきますから、マイコンブームの面影が残るラインナップとしてはこの辺が最後ってところでしょうか。




まず、この本で高評価を受けているのが、S1とX1ターボ。




あらためて見てみると、X1ターボの高機能っぷりはすごいですね。ほとんど16ビットマシンと言っていいほど。




テキストとして漢字を扱える、400ライン8色なんて、PC-9801だよね。それでいてPC-8801mk2SRと二万円しか違わない。




S1の方も高評価。「このパソコンはいずれ頭角を現してくるのは間違いないから、これからパソコンを始めて長い間使っていこうと思う人や、ハード、ソフトの両方をよく知っている人によいだろう」ですって。




まあ、鍛えられるのは間違いないと思う。自分で作るしかない、という状況で。あと、長くは使えると思う。後継機が出ない、という理由で。




逆にライバルであるPC-8801mk2SRはかなり低めの評価です。「結局、このパソコンをお勧めできるユーザーは、とにかく面倒なことは嫌で、アプリケーションはすべて市販のものを利用したいという人だろう。(中略)どうにも消極的にしか進められないマシンである。」と。





この本の作者は、16ビット機がある以上、8ビット機は何か一つの機能に特化した方がよい、っていう持論があるみたい。前回のMSXでも、評価されたのは低価格に振ったカシオと、音楽特化のヤマハだったし。そういう目で見ると、ソフトウェア資産くらいしか特徴のない8801は味気のないオールラウンドパソコンで、それはもう古い、という事なのだろう。




AV特化で高性能のX1ターボ、マニアにはたまらないS1に比べると、確かにそうかもしれません。




ただ、ソフトウェアがたくさんあるというのは非常に大きな武器。ソフトがたくさんあるからという理由でPCを選ぶのを消極的と言ってしまうのは、当時としてもちょっと乱暴な気もする。




あと、これはわたしがこの日記を書きながら思いついたことなので正しいかどうかは怪しいんだけど、




「FM音源標準搭載」ってのも結構大きかったんじゃないかなと。




FM77は、FM音源標準搭載モデルのFM77L2がこの本の発刊直後くらい?だし、X1は1986年のターボZから?みたいで、音に関してはPC-8801mk2SRが結構先を行っていたんじゃないかと。




わたしだけかもしれないけど、FM音源を初めて聴いたときの衝撃はけっこうなものだったと記憶してます。PSGと全然違う。PC-9801にFM音源ボードを付けたときは、プリセットの音色をいろいろ鳴らして、それだけで楽しかったし。




そう言う見方もありますか。でも、FM音源はSRシリーズすべてに搭載されてますから、PC-8001mk2SRやPC-6001mk2SRのほうが安くていいんじゃない?




う~ん、音だけ必要ならそうかもしれないけど、グラフィックとのかねあいかなあ……。PC-6001mk2SRでは貧弱、PC-8001mk2SRは悪くはないけど、このグラフィック機能はSRからで、過去のソフト資産というと160×100ドットの元祖PC-8001のものがほとんどだし……




なので、「ハード的に見てさして特徴のないマシン」じゃなくて、他のマシンに先駆けて音楽機能の重要さを見いだしたマシンでもあったんじゃないかと。




そう言う見方もできますかねえ。あ、1985年なのにまだこのマシンが……



1986年度版よいパソコン悪いパソコン MULTI8


ひどい言われよう……




後継機が出ないんでカタログには残ってるって状況だし。パソピア7、MZ-2200もそうだね……




あおいちゃん


コメントの投稿

非公開コメント

No title

>まあ、鍛えられるのは間違いないと思う。

火縄銃一丁で補給も無く前線に放り込まれた様な感じが(^^;

まあ実情に即すなら、88SR薦めて終わりですからね。
SRも旧88の欠点をまともなレベルにしただけで、面白みは無いし。
「よい(けど売れない)パソコン、悪い(けど売れてる)パソコン」ならさもありなん、と。

とは言え、S1は推すのは何かが間違ってる気が…(汗)

***

FM音源の登場はエポックメイキングでしたねー。
ピコピコ音から初めて(電子)楽器音に変わった時は衝撃的でした。
アンプに繫いで、ずーっとサウンドテストモードを聴いてた思い出があります。

ところで大庭氏は三菱に親でも殺されたんでしょうか(^^;
MULTI8ってこんな時代まで売ってたんですね。

今ならネットがあるから、どこまでP8と互換性があるのか?とか
マイナーハードなりに色々展開があるでしょうけど。
他にパソピアとかどう評価してたのか興味深いですな。

てきとうさん江

> とは言え、S1は推すのは何かが間違ってる気が…(汗)

一応「将来的にソフトは出てくるとは思うが、
今のところなんともいえない」
とも書いてあるので、やっぱり一般人には
進めにくかったのかと(笑

> FM音源の登場はエポックメイキングでしたねー。
> ピコピコ音から初めて(電子)楽器音に変わった時は衝撃的でした。
> アンプに繫いで、ずーっとサウンドテストモードを聴いてた思い出があります。

わたしもベーマガに載ってた音楽リストを入力して
ずっと聴いてたりしましたよ。

> ところで大庭氏は三菱に親でも殺されたんでしょうか(^^;
> MULTI8ってこんな時代まで売ってたんですね。

そういえばレタスも三菱でしたね(笑

> 他にパソピアとかどう評価してたのか興味深いですな。

パソピア7は
「滅び行く古いコンセプトのホビー・パソコン」
ということで、MULTI8と似たような評価に……
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
twitterでひとこと
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。