スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢破れて98あり


さらに引き続きOh!Xのお話。




薄い本なのに引っ張りますねえ……




X68000専門誌なので、広告も当然X68000一色。



Oh!X 1995年2月号広告その1


まあそれはそうですよね。




で、見てて気が付いたんだけど、意外に安いな?と。




確かに、コンパクトXVIがディスプレイセットで十五万以下になってますよね。




「夢のマシン」だったX68000だけど、これなら買える値段だなあと。




こっちはもっと安いですよ。ディスプレイセットで十万以下!PROIIですけど。



Oh!X 1995年2月号広告その2


ここまで安いのに、何で当時手を出さなかったの?




X68000が憧れだった理由は個人的に、(1)アーケードゲームのクオリティが自宅で! (2)ゲームが作りやすい!ゲームクリエイターに最適! っていうところだったんだけど……




ゲームに関しては、その当時メガドライブで結構満足してたような気がする。もちろんX68000とは比べものにならないんだけど。




さらにこの頃だとプレステやサターンも出てくるわけで、興味はもっぱら次世代機の方に。X68000の事に関しては頭の中をよぎりもしなかった、って感じだったと思う。




作る方は、確かに昔はゲームプログラマーになるのが夢だったんだけど、無理だということがこの頃になるとわかってきて。




X68000界隈は凄腕プログラマー揃いって印象があって特に。で、趣味でやるならPC-9801でQuickBASICやQuickCでゆるゆるやってた方が楽だよね、っていうことで……




なるほどねえ……「夢のマシン」だったのに、当人が夢を失ってしまった、と。




そういうことになるのかな~





ねこみみかおるちゃん

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コンパクトXVIの新品が単品で8万、高クロック改造版が10万ですか。
モニタは602Dが流用出来るし、今見ると結構魅力的ですねえ(^^;

個人的にはMZやX1のデッドストックが欲しかったですけれど、
金銭的に余裕あったし、これらの広告を当時見てたら確保してたかもしれません。

…そう、Win95時代だと既にX68は死に体というか(^^; 気にも留めなかったorz
これがエミュレータが盛況になり、ヤフオクが登場する2000年代になると
また俄然状況が変わってくるのですが…

>> (2)ゲームの作りやすい!ゲームクリエイターに最適!

X68は「思い付きが特別な技術も要らずに具現化出来る最初のハード」って感じですね。
素晴らしいマシンでしたけど、ちょっと価格が高すぎたと思います。

Amiga500とは言いませんが、丁度この広告並みの価格で最初から出ていたら…
9801が席巻していた国内PC市場も、もっと面白い事になっていたでしょう(^^;

てきとうさん江

> 個人的にはMZやX1のデッドストックが欲しかったですけれど、
> 金銭的に余裕あったし、これらの広告を当時見てたら確保してたかもしれません。

この頃なら相当安く手に入れられそうな感じですよね。
これより少し前ですけど、ディスカウントストアで
MZ-2000が山積みになって叩き売られていたのを
見たことがあります。

> …そう、Win95時代だと既にX68は死に体というか(^^; 気にも留めなかったorz
> これがエミュレータが盛況になり、ヤフオクが登場する2000年代になると
> また俄然状況が変わってくるのですが…

わたしもすっぽり抜け落ちてました、この頃のX68000……

> X68は「思い付きが特別な技術も要らずに具現化出来る最初のハード」って感じですね。
> 素晴らしいマシンでしたけど、ちょっと価格が高すぎたと思います。

確かにそうなんですよね。
あの当時なら仕方のないところかも知れませんが……
X1とX68000の間に何か欲しかったような気もします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitterでひとこと
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。