スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小坪村異聞





マイコンBASICマガジン1983年8月号に掲載された、ソフトウェア・ケンネルさん作「小坪村江井里安」を移植してみました。興味のある方はこちらからどうぞ。




マイコンBASICマガジン1983年8月号掲載 小坪村江井里安






またケンネルさんなんですね。







ケンネルさんの作品はなんというか、センスがいいんだよね。絵をプログラムにしなくていい、自由に描けるぴゅう太の特徴を最大限生かしていたというか。







いわゆる平安京エイリアン?







うん。でも設定がなかなかよくて、ぴゅう太の貧弱な機能では再現できない部分をうまく補ってると思う。







まさに「ベーマガ投稿ゲーム」ですね。







ところで、ぴゅう太のゲームを再現する際、いったんMSXへ移植してみるんだけど……




MSXへいったん移植






画面構成がぴゅう太とMSXでは一緒なんでしたっけ。グラフィックチップが同じもので。







ぴゅう太にできてMSXにできない事といえば、BG面を8x8ドット単位でコピーできるセル命令くらいだし。







ただ、今回ちょっとそのままではうまくいかなくて。で、結局ぴゅう太が整数型ベーシックだからなんじゃないかな、と。







MSXでも、冒頭に DEFINT A-Z で使う変数をすべて整数とする、っていう宣言してれば一緒じゃないの?







そう思ってたんだけど、計算過程で整数でなくなるような場合、違った結果になるみたい。例えば、プログラム中に実際に出てくる以下の式がそう。




整数実験






一番下の75が正しい値だと思うんだけど、ただ DEFINT しただけだと全く違う値になる。







M / 10 の所で端数が出ますけど、ここの計算段階で整数化しないとぴゅう太と同じ値が出ないんですね。







たぶんそう。実数型BASICでただ単に変数を整数に限定しても、整数型BASICとは同じ計算結果にならない場合があるんだなあとわかったよ。







なるほどね。







あと、以前作ったレトロ風味ひとり麻雀を簡易マウス対応にもしました。キー操作で面倒だったという方はぜひ。



ユナ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitterでひとこと
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。