スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月31日 さすらいのエイリアン


今さらながら、JR-100のエミュレーターがあると知り、遊んでみました。「けむしろうWeb」さんが作成されています。



JR-100エミュレーター


またなつぱそネタですか。多いですね最近。




なんか気分がマイコンなんです、最近。で、実機を持ってなくてもいいバージョンもあるので、それでまたベーマガ掲載ゲームで遊んでみました。



JR-100 アステロイド・インベーダー


なんか昔懐かしい画像が。これは?




マイコンBASICマガジン1983年8月号掲載、田辺健二さん作「アステロイド・インベーダー」です。内容的にはギャラクシーウォーズですね。




たくさんキャラクタが動いてますけど、マシン語でも使ってるんですか?




ユーザー定義文字の書き換えみたいだよ。これ全部まともに動かしてたら多分ゲームにならないと思う。動的に文字キャラクタを変えられるので、たくさんの同キャラをアニメーションしたりするのは驚くほど速く処理できるみたい。




このゲームだと、インベーダーの足の動きとかそうですね。




でもホントに速いな~。やっぱりJR-100のゲームは想像通り画面が賑やかで面白いや。




同じ号にもう一つJR-100用ゲームが載ってますね。




そうそうこれこれ。画面写真に衝撃を受けたよ当時。



JR-100 3D CAR RACE


見下ろし型のレースゲームですか。同号掲載の熊谷英二さん作「3D CAR RACE」ですね。




JR-100はグラフィック機能が無くて文字だけしか表示できないんだけど、それでこの画面だからね。




じゃあやっぱりこれも文字を書き換えて作ってるんですか。




こっちはスクロールにマシン語を使ってるけど、なかなか面白いね~。当時、左側の線路みたいなものは何なんだろうと思ってたけど、ちゃんと時々電車が走るんだよ。感動した。




エミュだからかもしれないですけど、ちょっと操作が鈍いかな?という感じがしますが、それもまた実車っぽくていい感じですね。無理かな?という隙間もすり抜けられると気持ちいい。




クラッシュ確定な敵車の並びに遭遇することもあって運も絡むけど、面白いね~




こうしてみるとJR-100は低価格(¥54,800)な割には、結構遊べるマシンだったんですね。




そうだね。でもこの頃はパソコンの進化が速くて、ゲームの作りやすさでいうと、この後同価格帯にMSXとかM5とかが出てきて、さすがにJR-100も見劣りするようになるんだけど、1988年くらいまでベーマガにプログラムが載ってたくらいだから十分な活躍だったと思うよ。




3D CAR RACE

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「3D CAR RACE」は当時、実機に打ち込んで遊びました(^^;;
確か列車が通過する時は音が鳴った気がしますが・・・
んでもって、操作が鈍いのは実機の当時からそんな感じでした。。
やはりスクロールにマシン語を使ってるとは言え、全画面描画は
かなり荷が重かったのかも♪

向月さん江

実機で遊んでましたか、いいですね~
列車通過時には確かにピコピコ鳴りますね。
あと、クラッシュ時にも鳴りますが、なんか
変な感じで(ピロピロピロ……と妙に長い)、
この辺が実機と違うのかなと思ったり。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitterでひとこと
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。