スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月7日 姉VDP


なるほどなるほど……




年を取ると独り言が多くなると言いますが……何うなってるんですか?




先週、MSXでスキーゲームを作ったじゃない。で、作ってる過程でMSXの文字や画面の扱いにいろいろ疑問が出てきて、それで調べていたのです。具体的には、何で文字単位で色指定できないのか、と。




そういえば、スキーゲームは単色でしたね。




N88-BASICしかよく知らないので、普通にひと文字ごとに色が付けられると思ってた。例えばN88だと……



N88-BASIC


まあ、プログラム通りですね。




同じ事をMSXでやると……



MSX-BASIC


ありゃ、全部COLOR 3になっちゃいましたね。表示させた文字だけでなくリストまでも。




テキストでのCOLOR文は、今表示されているすべての色を変化させてしまうのだそうです、MSXでは。




まあでも、ゲームで使うならテキストキャラじゃなくてスプライトを使って下さい、ってことじゃないの。そっちの方が動かすには便利なんだし。




あと、SCREEN 2のグラフィックモードを使うという手もあるけど、テキストキャラゲーが堪能しづらいなあと。




できないものはしかたないとして、あきらめるしか。




ところが、いろいろ調べてみたら、制限がありながらも色づけはできるみたい。




へー。どうやって?




MSX1のV-RAMは16KBあって、モードによって使い方が違うんだけど、SCREEN1の場合、だいだい以下のようになってるようです。



MSX VRAM構成


カラーテーブル、っていうのが怪しそうですね。




8文字ごとではありますが、文字色・背景色を指定出来るみたいです。だから単色のキャラクタセットを……



MSX キャラクタセット


例えばこんな感じに色づけすることが出来ます。



MSX キャラクタセット色つき


あら、ずいぶんカラフルになりました。




そして、パターンジェネレーターテーブルとして、書き換えの出来るRAM上にフォントデータがあるということは……




以前話題になった、ユーザー定義文字機能ですか。JR-100なんかが有名ですね。




そうなのよ。MSXにこの機能があるとは思わなかった。で、先週作ったスキーゲームを、キャラクタを書き換えて色づけしてみました。



スキーゲーム


少しは賑やかになりましたね。結構使えそうな機能なのに、マニュアルとかには載ってないんですねえ。




手持ちの資料がパソピアIQのマニュアルと古本屋で見つけたMSXゲームづくりの入門書しかないからわからなかったよ。こういう時ネット検索は頼りになります。




この機能とスプライトを合わせると表現が広がりそう。




背景を、書き換えた文字パターンを敷き詰めて作るとかかな。動的にパターンを変えて動く背景とかも。あと純粋にJR-100みたいな使い方もできそうだから、移植が簡単に行えそうだね。




宮崎ゆかり

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
twitterでひとこと
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。