スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月20日 深く静かに潜航せよ


ネタもないので、先週お絵かきに使ったベーマガ掲載JR-100用ゲームのレビューでもしましょうかね。




相変わらず誰得企画ですね。




まずは、マイコンBASICマガジン1983年9月号掲載、渡辺聡さん作「LADDER」から。モンスターから逃げつつ宝物を集めます。



JR-100 LADDER


まあ、この時期良くあったタイプのゲームですね。穴を掘れないロードランナーというか。




敵がまっすぐ自分を追いかけてくるので一面目からかなり難しいです。いや難しいどころかクリアできない。




記事の中で作者本人も言ってますけど、あくまでひな形プログラムってことじゃない?リストも50行以下だし。




そうかもね。見た目がすっきりして面白そうだったからちょっと期待を持ちすぎたのかな。




次は1983年4月号、栃木勝さん作「ミニ・サブマリン」です。潜水艦ゲームかな。



JR-100 ミニ・サブマリン


もともとはFM-8用のゲームだったのを、JR-100に移植した作品。JR-100以外にも結構移植されてて、面白そうな感じだったので入力してみました。




元はこれですか。JR-100にしては頑張った画面でしょうか。



FM-8 SUPERサブマリーン


潜航していると攻撃は受けないけど酸素は減る。浮上すると攻撃できて酸素も増えるけど、こちらが攻撃される危険性がある、というのはわかるんだけど、どう攻撃していいのかとかよくわからなかった。




プログラムの打ち間違いでもあるんじゃないの?




うーむ。もしかしたらあるかも。ただ、潜航・浮上はいかにも潜水艦を操作している感じでいいね。




最後は同じく1983年4月号掲載、田辺健二さんの「ダスト・ハイウェイ」です。



JR-100 ダスト・ハイウェイ


UFOが行き交う宇宙のハイウェイを渡ってゴミを回収します。回収して母船に戻って来ると得点になります。




田辺さんお得意の、ユーザー定義文字書き換えによるキャラクタ大量移動が見所ですね。




ゲームとしてもなかなか遊べる所がさすが、安心のブランドといったところ。




そろそろ手持ちのベーマガのリストはほとんど打ち込んだんじゃない?




いや、まだもうちょっとあるので、もう少しおつきあい下さい。




下書き……

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitterでひとこと
最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。